常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツ! 第175話 叶えたい未来たち

スターライトクイーンカップ初日が終わり、1位が珠璃ちゃん、2位がリサっぺという順位に。
この時点でリサっぺはクイーンになれないことが確定する。ののっちはリサっぺを元気付けようと食べ物を用意しにいく。
二日目に向けて気合いを入れるまどかちゃんと凜ちゃん。

 

夜、学園の庭で一人ドラマの練習をする珠璃ちゃん。そこへひなきちゃんが駆け寄ってくる。
ひなき「スターライトクイーンカップで一位になったばっかだっていうのに、ドラマの稽古?」
珠璃「じっとしていてもしょうがないから」
ひなき「さっすが~」
珠璃「ひなきだっていつもよかわらないじゃない」
ひなき「じたばたしても始まらない、いつもの新条ひなきでぶつかるだけだぜ!」
珠璃「さっすが~」
ひなき「私たち、アイドルとして少しは成長したのかも」
珠璃「ですな~」
ひなき「あっ、真似した?」
珠璃「明後日のひなきのステージ、熱く応援するからね」
ひなき「グラシアス!!」
珠璃「あ、真似した!」
二人「ふふふふふ」
完全にカップルですねこれは。

 

お母さんに電話で報告するリサっぺのところにののっちが食べ物を運んでくる。
かに鍋、ちゃんちゃん焼き、札幌らーめん、じゃがバター、うにいくら丼を次々とテーブルに並べていく。
全部食べきれるのか?いや、食事は食堂でするんじゃなかったっけ……?
すべてののっちが作ったという。二人で食べ始める。
クイーンにはなれなかったが、これからも全力でアイカツしていくことを誓うリサっぺ。
リサ「でもその前に、明日は大好きなののっちを全力で応援する!!」
赤くなるののっち。大胆な告白は女の子の特権。
のの「うあああああ」
泣きながらリサっぺに抱きつくののっち。
のの「私、なりたい。ううn、スターライトクイーンになる!!」
リサ「うん」

 

そして翌朝、スターライト学園に現れたここねちゃんと雅ちゃん
久々の登場だ。さっそくあかりちゃん一同に見つかる。
ここね「さあいくわよ」
あかり「まってました!」
ここね「世界の~中心は~ここね(ハート)」
リサののを除く一同「だよね~」
リサのの以外のみんなはもうわかっている。リサののはここねちゃんと初対面だから、さすがに反応できない。
一応、スミレちゃんが説明するが、お互いにテレビ等で顔は知っているらしい。

 

そして始まるクイーンカップ二日目。まずはののっちが挑む。ドレスはシルキーラブデビルコーデ。
露出多めでガーターベルトがエロい、セクシーすぎるコーデだ。曲はエンディングでおなじみのlucky train!。ののっち単独では珍しい。
客席からは歓声があがり、フィーバーアピールはAランク。美月さんはまだ入学して半年ののっちとリサっぺがAランクを出したことを褒める。
順位は2位。残念そうな顔で部屋を出て行く。

 

ののっちは次が出番の凜ちゃんと廊下ですれ違い、ハイタッチを交わす。
凜「高まる、私の胸のBPM!!」
凜ちゃんのドレスはサイバーマリオネットコーデ。マイク付きのヘッドフォンが特徴的な衣装だ。初心にかえって自分の得意分野で、ということか。
曲はMY SHOW TIME!。ステージも近未来な感じで、凜ちゃんのキレのあるダンスが際立っている。
フィーバーアピールランクはAランク。順位は3位。

 

最後はまどかちゃん。
コーデはエンジェルアリスコーデ。不思議の国のアリスをイメージしたドレスだ。フリフリで(あざと)可愛いまどかちゃんにピッタリ。
曲はハローニューワールド。ステージも不思議の国のアリス使用だ。スカートの裾をはためかせながら前に進むまどかちゃん。
ランクはもちろんAランク。順位は2位。悟ったのか、観客に手を振るまどかちゃん。

 

ののりさ、まど凜はそれぞれ悔しさを噛み締めつつ、励まし合うのだった。そして最終日へ。

広告を非表示にする