読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

味仙で食べるべき「台湾ラーメン以外」の3つのメニュー

8月2日、東京の神田に台湾料理の味仙がオープンする。

味仙はただの中華料理屋では断じて無く、かなり尖った店なので、東京で通用するのかは気になるところだが・・・

 

名古屋ではサラリーマンはもちろん、家族連れやカップルなど幅広い層に受けているので、あんがい東京でも大丈夫かもしれない。

味仙 台湾ラーメン

味仙と言えば、台湾ラーメン(600円)だ。

シンプルに辛くてうまいのでぜひ食べるべきだと思う。

 

台湾ラーメンは知名度が高いので、ネット上で食べた人のレポートを見ることができる。

そこで今回は味仙のメニューの中で台湾ラーメン以外」におすすめのメニューを3つ上げていく。

 

これらは基本的なメニューなので、東京やその他の店でもあると思うが、味仙は場所によってメニューや味、値段が違ったりするので注意してほしい(今回行ったのは日進竹の山店。今池本店よりも若干値段が安い)

 

味仙 日進竹の山店 (ミセン) - 杁ヶ池公園/中華料理 [食べログ]

 

目次

青菜炒め(600円)

味仙 青菜炒め

頼むと速攻で出てくるので、最初に頼むことが多い。

ニンニクが強烈に効いている。こんなにニンニクが主張する青菜炒めはあまりないと思う。苦みはなく、ニンニクの力でいくらでも食べられる。

手羽先(380円)

味仙 手羽先

600円を超えるメニューが多い中で4本380円と安い。

 

手羽先は名古屋名物でお馴染みだが、ここの手羽先は特製のタレで煮てある。

そしてとにかく辛い。台湾ラーメンはじわじわと来る辛さだが、手羽先は食べた瞬間強烈に辛い。

そして辛みの後に甘みが口の中に広がる。ビールに良く合うと思う。

 

手羽先の唐揚げと違うのは、先の部分が付いていないことだ。

しかし、他の構造は一緒なので、縦にしたら先の骨の部分を手で持って、肉を口に咥えて、引っこ抜くと綺麗に食べられる。

(多少、手は汚れるけど)

味仙 手羽先 骨

nanapi.com

牛スジ(600円)

味仙 牛スジ

牛スジを甘い醤油のタレで煮込んだものに、大量のネギがかけられている。

柔らかく、口の中でとろける牛スジとネギの相性は抜群だ。唐辛子は入っているが、辛みはあまり感じない。

ご飯と良く合うので、ご飯小(150円)を頼んで牛スジ丼を作ると幸せになれるかもしれない。

味仙 牛スジ丼

その他

味仙 餃子

油で揚げた豚肉にさっぱりしたタレがかかった台湾風酢豚や、とろみがあって全く辛くない麻婆豆腐、冬限定の牡蠣炒めなどがうまい。

あと地味に餃子もうまいと思う。少し羽根がついていて、中はこれまたニンニクが強烈に効いている。

 

今の季節は味仙に行って、辛いものやニンニクのきいたメニューを食べて汗をかくのが最高だ。もっとも、冬は体が暖まるから良いんだけど。