読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

(ネタバレ注意)劇場版アイカツ!スターズ&アイカツ!狙われた魔法のアイカツ!カードを見てきた

アニメ アニメ-アイカツ!スターズ 映画

                        (劇場版アイカツ!スターズ予告編より)

公開から一ヶ月近く、ようやく見に行けた。今まで第一作目の大スター宮いちごまつり、二作目のアイカツ!ミュージックアワードと見てきて、今回アイカツ!三作目&アイカツ!スターズ第一作目となるわけだが、笑いあり感動ありの作品だった。これから内容に触れ、感想を書くが、ネタバレになるので注意して欲しい。

目次

アイカツ!狙われた魔法のアイカツ!カード

内容

あかりちゃん主演の映画をいちごちゃんが監督をする。撮影は台本を逸れていき、ユリカ様や珠璃ちゃんたちレギュラーキャラはもちろん、ドリアカ勢(ノエルちゃんも)、三ノ輪ヒカリやユウちゃん、波照間みなみに西園寺つばさなどマイナーなキャラも出ていた。そして恒例となった崖登りもこなす。最後には総勢25人のアイドルで「アイドル活動」を歌って終わる。

 感想 

ただ嬉しかった。テレビアニメが終わってもアイカツ!の世界は続いていることを実感できた。もちろん、フォトカツでも続いているが、動いているのを見るのはまた違う。30分にアイカツ!の要素が凝縮されていたと思う。

          

            (劇場版アイカツ!スターズパンフレットより)

あと、みやびちゃんが男前だった。(劇中劇だけど)ここねちゃんにプロポーズしていたので思わずニタァ~~となった。

劇場版アイカツ!スターズ

内容

アイカツアイランドで二人一組で参加する伝説のドレスオーディションが開催される。ローラはゆめと参加しようとするが、学園長に真昼と参加するように言われる。断るローラだったが、ゆめは将来的にS4のひめと組ませる予定だと打ち明けられ(後に架空の企画だったと判明する)悩んだローラはゆめと喧嘩別れし、真昼と組むことにする。だが、本当のことを言わないのはらしくないと真昼に言われローラはゆめと和解し、二人で伝説のドレスオーディションに参加し、優勝する。

感想

          

              (劇場版アイカツ!スターズ予告編より)

アニメ本編ではゆめの視点で話が進むことが多いが、今回はローラの視点が多かったと思う。ゆめと組むと言ったけども、ゆめが無邪気にS4と共演したいと言っている姿を見ているローラの苦悩など。またガチでケンカするのも今までのアイカツ!には無かった。気を使って身を引くのはわかるけれども。真昼が言ったように悩んで自分に嘘をつくのはローラらしくない。本音をズバズバ言う方がローラらしくてよい。

         

          

            (劇場版アイカツ!スターズパンフレットより)

ゆめ×ローラ。これに尽きると思う。(元々二人の息はピッタリだったが)今回の一件でゆめとローラの関係はこれ以上ないくらいに強まった。この二人ならダブルエムやツイングスも超えれそうな気がする。

ひとつ気になったのは、ローラと組まなかった真昼はどうするのか?やはり姉でS4の夜空先輩と組むのだろうか。

          

              (劇場版アイカツ!スターズ予告編より)

南の島ということで、水着もばっちり出てくる。水着が大好きなアイカツおじさん*1も大満足な映画だったのではないか。それぞれ水着に個性が出ていた。ゆめはリボンの付いた女の子っぽい水着、小春は露出少なめの大人しい水着、真昼はスポーディーな水着、あこは個性的な水着・・・と言った感じに(ローラのフリルの付いた水着が可愛かった)