常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第30話 七色のキャンディ

あらすじ

イタリアに旅立つ小春を送るため、ゆめたちは「小春ちゃんいってらっしゃいパーティー」を開催する。

パーティーの最後にゆめがステージで歌うが、もともと調子が悪く、ステージで倒れて保健室に運ばれる。

ゆめ以外のみんなに見送られて四つ星学園を去って行く小春。

保健室で目を覚ましたゆめは、ひめ先輩から同じような経験をしたことを打ち明けられる。

部屋に残された小春が書いた手紙を読んだゆめは、新たなスタートラインを感じ、あらためてS4になるという決意をする。

感想

前回、ゆめに負けたローラはしばらく一人でアイカツすることに。

劇中ではアイドルは個性が大事だということがよく言われる。

同じレッスンをしていては差が付きにくいだろうから、個人個人でアイカツをしたほうが独自性が出て良いと思う。

ついに小春がイタリアへ行ってしまう・・・。番組が始まってから、今までゆめの幼なじみとしてやってきたので、いなくなるのは非常に寂しい。

ゆめちゃん、もうすぐ出発の時間です。

 

~中略~

 

私がイタリアへ行こうって思えたのはゆめちゃんのおかげなんだ。

ゆめちゃんのすごいステージをみるたび、私ももっと成長したいって、心から思った。

そのためには今のままじゃだめだって気がするの。

 

私たちはまだ未来の途中、新しい場所で新しい自分を探してきます。

私の、新しいアイカツのスタートラインです 

(小春の手紙より)

 イタリアに行くにあたって、小春が葛藤している描写はなく、ほとんど迷わずにイタリア行きを決意したようだ(ゆめに打ち明けられなくての葛藤はしていた)

後ろ向きな別れではなく、成長するために必要な門出なのはよかった。

                          (アイカツ! 第51話 ロックなあの娘はドリーム☆ガールより)

前作アイカツ!で、主人公いちごちゃんは一年間アメリカに行き、成長して帰ってきて、最終的にはトップアイドルになった。

異国の地でのアイカツは、個性を磨くという意味ではこれ以上にない環境だ。

イタリアでもアイカツはできる、と言っていた。小春も成長し、いずれは四つ星学園に帰ってきて活躍してくれると信じている。

広告を非表示にする