読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第32話 進め!ゆずこしょう!あらすじと感想

アニメ アニメ-アイカツ!スターズ

あらすじ

小春がイタリアへ旅立ち、ローラが実家に帰った。一人でトレーニングに打ち込むが、元気がないゆめ。

ゆずとあこは、ゆめを強引に誘って、ユニット「ゆずこしょう」を結成する。

最初は乗り気じゃなかったゆめだが、ゆずやあこ、すばる、そしてファンの声援で元気づけられ、秋フェスのステージに立つことに。

結果は3位SKYーGIRL、2位ゆずこしょう。優勝したのは、ゆり、リリィ、ミキの幹部三人によるユニット「幹部ーズ」だった。

感想

 ゆめは一人じゃない。

 

そもそも、タイミングが悪かったのだと思う。

 

OP曲&ED曲が変わり、「OPはゆめ×ローラでEDはゆめ×小春か!!」

と(自分を含む視聴者が)喜んでいた矢先に、

小春はイタリアへ、ローラは実家へ、ゆめ自身はステージで倒れてしまう。

 

自分が一番きつい時に、幼なじみの小春と親友兼ライバルのローラはそばにいない。

こんなに辛いことはないだろう。

状況からして、ネガティブになるのはしかたない。

ゆめ「私は、正直秋フェスに出場するつもりはありませんでした」

ゆず&あこ「ん・・・」

玉五郎「あらま、どうして?」

ゆめ「ちょっと、不安なことがあって、どうしたらいいのかわからなくなっちゃったんです」

玉五郎「なぜ、出場する気になったの?」

ゆめ「まだ不安はありますけど、でも、一人じゃないので。こんな私を引っ張ってくれる仲間たちがいて、応援してくれる人たちがいるから、だから、だから今の私ができるパフォーマンスを全力でやります!!」

 

すばるや、ファンの声援は言うまでもないが、ゆめ復活の一番の功労者はあこだと思う。

 

ゆめと特に仲の良かった二人はいなくなり、真昼は先輩たちとユニットを組んだ。

そして一年生組で残ったのがあこだった。

 

あこは、個性的で実力もあるけど、素直じゃないし、すばるのことでゆめをやっかんでくる、捉えようによってはめんどくさい人物とも言える。

 

だが、そのあこが(多少空回りしつつ)ゆめの反応が悪くても、諦めずにゆめを励まし続け、少しキツいことも言い、最後は同じステージに立った。

 

あこの優しい一面が見られた、今回はそんな話だった。

ゆず先輩はとにかくスピード感があった、神速と言ってもいい。

 

ユニットを組んで、ユニット名を決め、ドレスを決め、ゆめとあこにダンスを指導してステージに上がる。

これだけのことを秋フェス当日に終えてしまった。

 

秋フェスの結果は2位だったが、他の2チームには充分練習する時間があったことを考えれば、上等だろう。

 

ゆず先輩はダンスが得意だが、ダンスには即興ダンス(Contact Improvisation)*1というテクニックがあるらしい。今回のこともダンスの経験が活かされているのではないか。

 

ゆず先輩はS4で唯一の二年生だ。他の三人が卒業したとき、四つ星学園のトップになり、後輩を指導するのは、ゆず先輩なのかもしれない。

 ついにローラのママ、桜庭七海さん登場。

 

「私はプロのピアニスト、娘だからって手加減はいっさいしませんよ」とローラに似て厳しそうだ。

 

(美人だけど、ゆめのお母さんに比べたら、まだ年相応かな?)