読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第44話 春の予感♪ あらすじと感想

アニメ アニメ-アイカツ!スターズ

あらすじ

S4戦に向けて猛烈にレッスンするローラ。だが何をしたら良いか悩む。

同じく悩む真昼は姉のアドバイスで、ステージに上がる機会を自分で作るよう助言される。

真昼はローラに一緒にイベントをやろうと提案し、ローラも了承する。

ゆめとあこのサポートもあり、イベントは無事終了。

2人はグレードアップグリッターを獲得する。

感想

ローラと真昼が組んだ。

映画のアイカツ!アイランドは、学園長の陰謀によりローラは真昼と組みそうになるが、最終的にゆめを選んだ。

ゆめ×ローラは正義。

でも、ローラ×真昼のように似たような性格の2人が組むのも『面白いじゃない!』

映画では組まないんだ・・・と思っていたら、半年経ってようやく達成された。

夜空「そうね、自分を磨くことしか考えてなかったわ。美容について研究したり、それこそ倒れるまでレッスンしたり。でもなにより大切なことがあるわ」

真昼「え?」

夜空「それはね、できるだけ多くステージに立つことよ。ステージはすべてのレッスンの集大成。レッスンも大事だけど、本番に勝る経験はないわ」

真昼「ステージ・・・でも今は」

夜空「機会が無いなら」

真昼「はっ」

夜空「自分で作っちゃえばいいのよ」

真昼「え?」

夜空「ステージなんて、学園にいくらでもあるじゃない」

 アイカツでもアイカツスターズでも、レッスンの重要性については散々言及されている。

ゆめたち新人アイドルは必死でレッスンするし、トップアイドルの美月さんですら、床がすり切れるまでレッスンをしていた。

しかし、本番でしか学べないことがあるのは間違いない。

そのことに言及しているのは珍しい。

頭脳派の夜空先輩ならではの、高い視点に立ったアドバイスだと思う。

機会を自分で作るべきだというのは、主体性を持ってアイカツするべき、というS4ゆえのアドバイスではないか。

 

(良いお姉ちゃんがいて真昼は幸せだ・・・)

真昼「私、好きだよ」

ローラ「え?」

真昼「ローラとゆめの関係」

ローラ「なぁに?いきなり」

真昼「S4の座はたった1つなのに、お互いに励まし合ってアイカツしてるから、見ているこっちもすごくやる気になれるの」

ローラ「真昼・・・」

真昼「私は、お姉ちゃんから刺激を受けるだけじゃなくて、お互いに刺激し合う関係にならなきゃいけない。2人を見てると、その思いがどんどん強くなるの」

ローラ「それ、ゆめが聞いたら泣いて喜ぶと思う」

(中略)

ローラ「正直ね、ゆめに負け続けて悔しくてしかたなかった。でもアイカツは勝ち負けじゃない。自分らしく輝いたその先に、S4っていう未来があると思うんだ」

真昼「はっ」

ローラ「何て言いつつ、私が輝いていられるのは、ゆめのおかげ。ライバルのゆめには、ありがとうの言葉しかない」

真昼「それ、いつか伝えられるといいね」

ローラ「やだ、恥ずかしい」

真昼「ふふふ」

ローラ「まぁ、S4になったら言えるかな」

真昼「じゃあ、はやくならなきゃ」

S4になれるのは、各組で1人だけ。

それを唯一の目標とした場合、あこや真昼はともかく、同じ歌組であるゆめとローラの利害は対立する。

それでも2人は、助け合い、刺激し合ってアイドルとして成長してきた。

今回のライブも、ゆめは率先してローラたちをサポート。

こんなに素晴らしい関係はない。

 

だが、次のS4戦の後はどうなるのだろうか。

リリィなど、ゆめとローラ以外が歌組のS4になる可能性もあるが、2人のどちらかS4になった場合・・・その時こそ、2人の関係が試される。

 

(自分は2人の絆を信じている。ゆめ×ローラは正義だから!!)