読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第46話 炎のS4決定戦! あらすじと感想

アニメ アニメ-アイカツ!スターズ

あらすじ

 S4決定戦が始まった。初日は舞組で、ゆずが優勝。二年連続でS4をやることに。

 

 翌日の劇組戦に向けて、張り切るあこ。大好きなすばるグッズを封印してレッスンをする。あこは打倒ツバサを誓い、ツバサもそれを受けて立つと言う。

 

 劇組戦当日。オリジナルドレスが手に入らなかったあこは、デイサファリコーデを勝負ドレスにする。演技審査を経て、ステージを終えるあこ、そしてツバサ。

 優勝したのはツバサだった。しかし卒業してしまうので、2位のあこが次期劇組S4に決定。

 

夕暮れの展望台。あことツバサはラムネを飲みながら語り合う。ツバサが卒業した後も、同じステージに立った際には全力で戦うことを誓い合う2人。

 

夜。優勝できなかったことが悔しく、すばるの人形を抱きながら、1人泣くあこだった。

感想

          

         

ようやくS4決定戦が始まった。

S4も出場するのか・・・だとしたら現S4がすべて優勝を持っていってしまうのではないか?実際、舞組と劇組は現S4が勝利した。

順位だけではなく、ポイントが出るのはいいことだと思う。別の組でもどちらが上か比較ができるからだ。

例えば、あことハルカは同じく二位だが、1399ポイントの差であこのほうが上だ。一位との差も1157ポイントあこのほうが少ないし、劇中での実力はあこ>ハルカといえる。

まさにアイカツ!スターズ一年の総決算だ。

あこ「やっぱり、先輩には勝てませんでしたわ。ちゃんとツバサ先輩に勝って、三年生を送り出したかったんですの」

ツバサ「私も同じだ。後輩たちに勝つことで、先輩のあり方を示したかったからな」

あこ「もう二度と戦えないからこそ、わたくし・・・」

ツバサ「今日勝ったのは私だが、次はわからない」

あこ「え、次?」

ツバサ「ああ、もう二度と勝負できないわけではない、S4戦だけが勝負ではないからな。私たちは卒業するが、アイドルを卒業するわけではない。きっと同じステージで戦う時があるはずだ」

あこ「先輩、次に同じステージに立つときは」

ツバサ「楽しみにしている。また全力で戦おう」

あこ「はいっ!!」

 プロイセン(旧ドイツ)の軍人クラウゼヴィッツの書いた『戦争論』によると、防御は攻撃より強力な戦闘方式であるという。

戦争論〈上〉 (中公文庫)

戦争論〈上〉 (中公文庫)

 

 

また、『マーケティング戦争』では、戦争論は戦争だけでなく、企業間の戦いにも当てはまり、シェアを圧倒的持っている企業が防衛戦を行うことで、有利に立ち回れると書かれている。

マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術

マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術

 

 

これはアイドルのアイカツにも当てはまるか?

 

自分はアイカツにも適用できると考えている。

企業が消費者の頭の中という陣地を取り合っているように、アイドルもファンの心の中の陣地を取り合う。

そして、地位を確立している現S4たちに、他の生徒たちが挑んでいくというのがS4戦の構造だ。

現S4のほうが有利なのは間違いないと思う。

(ツバサ先輩も言っているように)S4の座を全力で防衛することによって、現S4たちはS4のありかたを示していくのだろう。

 

オリジナルドレスが無いというハンデも有りながら、2位になれたあこは、純粋に実力が評価されたといえる。次期S4になれて本当に良かった。

ツバサ先輩に負けて泣くのも、今まで真剣にアイカツしてきた証だと思う。

二年連続舞組S4に決定したゆずは、安心して寝床につく。

髪をおろしているのは珍しく、一瞬、誰?となった。

(いつも髪を結んでいる子が、髪をおろしているのを見ると、ドキドキする・・・?)