読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第51話 パーフェクトアイドル エルザ あらすじと感想

あらすじ

新学期。歌組S4になったゆめは2年生になる。他の3人とS4の番組を収録したり、新ブランド『Berry Parfait』を発表したりと忙しい。

同じく新S4になったあこも『FuwaFuwa Dream』を自分のブランドにというオファーが来ていたが、ヴィーナスアーク所属のアイドル花園きららにブランドを取られてしまう。

ゆめ、ローラ、あこ、真昼の四人はヴィーナスアークに乗り込むが、アポがないというとこで追い出される。

ヴィーナスアークのオーナー件トップアイドルのエルザが四つ星学園に乗り込んでくる。そしてゆめをスカウトするが、ゆめは断る。

エルザは四つ星学園で完璧なライブを行い、観客を沸かせる。ライブ後、エルザは改めてゆめをスカウトするが、ゆめは断る。

感想

ついに始まった第二期

いよいよ始まったアイカツ!スターズ第2期。

変わったことと言えば、ゆめたちがS4になったことと、旧S4の三人が卒業したこと、エルザたち新キャラが登場したことなど。第一話を見た限りでは、基本的なノリは変わってない。

細かいところでは、ゆめの髪が伸びて、ローラのカチューシャと真昼の髪止めが変わっている。あこの鈴付きリボンはそのままだ(ちょっと安心した)

エルザについて

あこ「完璧なステージでしたわね」

真昼「あのプレミアムレアドレス、なんて豪華で眩しいの」

リリィ「彼女は世界でパーフェクトエルザと呼ばれています」

ゆず「パーフェクト?」

リリィ「ドレス、歌、ダンス、すべてがパーフェクトであると」

ゆず「へー、かっこいい!」

リリィ「あのツバサの付いたコーデ、あれこそがパーフェクトの証」

優雅なダンスに、ゴージャスな羽根の生えたドレス、バラと宝石を散りばめたステージ。

アイドルというよりは、女王と言ったほうがふさわしいだろう

ステージでも背景に城が出てくるし、エルザという名前も某ディズニー映画を彷彿とさせる。とにかくカリスマ性が強い印象だ。

第一期でS4になって頂点を極めたと思ったら、 第二期でさらに強いやつが出てくるという、少年漫画のような熱い展開になってきた。

自分が頂点を目指すだけでは飽き足らず、実力のあるアイドルをスカウトしていく方針らしい。トップアイドル兼学園のオーナーというのも新しい。(美月さんもドリームアカデミーの相談役はしていたが)

ひめに断られたら、ゆめをスカウトしようとするとか・・・あんがい節操がない?

ローラには頑張ってゆめをガードして欲しい。

STARDUST MEMORY

 

第一期のとき、ゆずを捕まえるため、ミキたちはハイパーバズーカ(型の投網)を使っていたが、第二期になり、リリィはアトミックバズーカ(型の投網)を使用した。

一期と比べて確実にパワーアップしている・・・?

それっぽい盾が横に置いてあったり、GP02特有の小さなランドセルを背負っていたりと凝っている。

(ガトーとリリィは似ているかもしれない。信念の強さとかセリフ回しとか)