読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第52話 狙われたアイドル!? あらすじと感想

あらすじ

エルザの登場によって、四つ星学園の一年生たちに動揺が広がる。

S4の仕事を終えたゆめは、幹部と一緒に歌組の後輩を指導する。後輩たちに手本を見せるため、ゆめはローラと一緒にステージを行うことに。

打ち合わせをする二人のもとに、エルザとレイときららが現れる。エルザはスタープレミアムレアコーデの説明をし、改めてゆめをスカウトする。

ローラはエルザの前に立ちはだかるが、「ブランドも持っていない」と鼻で笑われてた上、「なんのオーラも感じない」と言われてしまう。

ゆめとローラはスクールドレスを着てステージを行う。それを見た一年生たちは希望を持つ。

ステージを見たエルザたちは、ゆめの実力やローラの歌唱力を認めた。

学園長室に呼び出されたゆめは、ひめから高等部を休学して世界を見に行くことを告げられる。

一方、ヴィーナスアークに帰ったエルザを迎えたのは、ヴィーナスアークの生徒になった小春だった。

感想

 副会長ローラ

打倒ヴィーナスアークに燃えるローラ。

ゆずの「おもしろいじゃない」にも「おもしろくありません」と強く否定する。

生徒会副会長になったらしい。幹部の先輩たちに負けずリーダーシップを取れるのはさすが。去年の副会長は誰だっけ?

四つ星学園は、去年も経営危機に陥ったばかり。あのときはリリィのおかげで事なきを得たが、経営基盤が脆弱なことが露見してしまったので、アイドルを引き抜かれるのは死活問題だ。ある程度地位を確立している上級生はともかく、入ったばかりの一年生が不安になるのは仕方ないと思う。

怒るゆめ

 

エルザ「ブランドも持っていないような子に興味はないわ。下がりなさい」

ローラ「うっ・・・」

ゆめ「ローラのステージ見たことあるんですか?」

エルザ「いいえ。でも実力は一目でわかるわ。一流のアイドルはそこにいるだけでオーラを放っているもの。その子からはなんのオーラも感じない」

ローラ「ああっ」

エルザ「あなたも一流になりたかったら、ヴィーナスアークにきな・・・」

ゆめ「行きません」

エルザ「なぜ?」

ゆめ「ステージも見ないで、実力を決めつけるのはおかしいです。それにローラは私の大切な友達で、ライバルです。ローラを侮辱する人のところへなんて、絶対に行きませんっ!」

ローラ「ゆめ・・・」

ゆめ「お帰りください。ローラとのステージの準備がありますので」

珍しく というよりは、初めてのことじゃないか?ゆめがこんなに怒っているのは。

大切なローラをコケにされては当然だ。

 

ローラ「来てるわよ。エルザフォルテ。この学園で好きにさせないわ。私たちの力、見せつけてやらないと」

ゆめ「それは別にいいんじゃないかな」

ローラ「え?」

ゆめ「だって一番大事なのは、ファンのみんなに楽しんで貰うことでしょ?」

ローラ「えっ、ゆめ・・・」

ゆめ「私たちが一年生の道しるべになろうよ」

ローラ「S4になったんだね、ゆめ」

 怒っていても、ファンに楽しんで貰うことは忘れない。頭を切り替えてステージに望めるのは成長した証だ。去年のゆめだったら、引きずったままステージに上がったかもしれないが、今は違う。

(ゆめの腹筋を触って成長を確かめるローラ。スキンシップは珍しい)

言い方ァ!!

でも、何だかんだ言っても、ヴィーナスアークとエルザのことを妄想し、葛藤するゆめ。

エルザの誘い方が悪いのではないか。ローラを下げるのではなくて、小春を使うとか、いっそローラごと勧誘すれば、ゆめをスカウトできた可能性もある。

そもそも、ゆめをスカウトする理由も、ひめをスカウトするついでで、ゆめの実力を見抜いていたわけではなかった。

アイドルとしてはパーフェクトでも、学園のオーナー*1としてのエルザの能力はまだこれからだ。

(まだ中学3年生だし、当たり前か・・・)

*1:エルザがヴィーナスアークの経営をしているのか、出資しているだけなのかは現時点ではわからない