読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在戦場

アニメや食事、本の感想を書いていきたいと思います。

アイカツスターズ!第36話 虹の向こうへ あらすじと感想

アニメ アニメ-アイカツ!スターズ

あらすじ

学園長にソロライブに出場するように言われるゆめ。ただし、客の満足度が90%を超えなかったら、四つ星学園を退学するという条件付き。

 

ローラたちには前向きに振る舞うゆめだが、小春の手紙を読みながら、部屋で1人悩む。

 

学園長の指示で、ゆめはフラワーショップを営んでいる雪乃ほたるを尋ねる。ほたるから過去の話を聞き、励まされたゆめは自信を取り戻し、特訓に励む。

 

 そして迎えたソロライブ。客の満足度は90%を超え、無事成功する。

感想

1つだけはっきりしたことがある。

ゆめの本当の実力だ。

今までは不思議な力を使って活躍してきた印象が強かった。

 

今回のソロライブで客の90%以上を満足させることで、実力の証明ができたのではないかと思う。

それでいて、100%まではいかず、まだ伸びしろもある。

小春がいなくなってから、ゆめは苦労してきたけど、ようやく報われた。

ここまでつらい話もちょくちょくあったが、ローラと一緒に、アイカツアイカツのかけ声で走っているのを見て、

(ああ、いつものアイカツ!スターズだ)

と安心した。

ほたる「そして、力に頼りすぎた私は、とうとう歌声を失ってしまった」

ゆめ「後悔してるんですか?」

ほたる「後悔してるわ。ただ、その後悔は力に頼りすぎたことじゃなくて、あの力がないとだめだって思い込んでいた自分の弱さに」

ゆめ(・・・っ)

ほたる「今思うと、弟もS4の仲間たちもみんな言ってくれたの。あなたなら大丈夫だって。それなのに私は、自信が持てなかった。あなたには心配してくれる白鳥さんや、励ましてくれる仲間がいるんでしょ?」

ゆめ「はい、それに本当のライバルもいます」

ほたる「だったら、きっとあなたは大丈夫。応援しれくれる人がいるのなら、あなたは自分を信じることができる。自信を持てば、きっと乗り越えられるはず」

ゆめ「はいっ」

 

 やはり、自信を持つことが重要なのだろう。

自信があれば、不思議な力なんか使わなくたって、実力を出すことができる。そのためには周りのサポートが必要だし、環境も欠けてはいけない。

名前と顔写真は出ていたが、本人は初登場の雪乃(諸星)ほたるさん。

フラワーショップで第二の人生を謳歌していて、なによりだ。

年齢については、言及がない。学園長は20代では若すぎる?・・・仮に30代として、そのお姉さんだから・・・。

普通にかわいいけど。

アイカツ!第1話 私がアイドルになっても?より)

アイカツ!のりんごさんもかわいかったし、元アイドルは衰えることがない・・・?